喪中はがきを出す時、専用のはがきはあるの?

喪中はがきを出すときには、専用のはがきを使ったほうが良いでしょう。

喪中はがき専用のはがきは、郵便局で売られています。
違いは切手のデザインで、喪中専用の場合、胡蝶蘭が描かれた切手のはがきです。

通常のはがきは、やまゆりや山桜です。喪中の場合は、胡蝶蘭を使うほうが良いでしょう。
胡蝶蘭のはがきには、普通紙とインクジェット専用紙のはがきの2種類があります。

普通紙はグリーンの胡蝶蘭、インクジェットはブルーの胡蝶蘭です。
自宅でプリントする場合、インクジェットのほうが綺麗に印刷できますので、ブルーの胡蝶蘭はがきを購入してください。

私製はがきの喪中はがきを作る場合、切手を貼る必要がありますが、これも弔事用の切手があります。
胡蝶蘭ではなく、花模様ですが、落ち着いたデザインで、喪中はがきに使えます。
料金は、通常と同じ63円です。