喪中はがきの宛名の書体は何がいいの?

喪中はがきの宛名の書体は、楷書体か行書体にしておくほうが無難です。

筆まめや筆王、宛名職人などの宛名ソフトを購入すると、一緒に様々な書体がインストールされますが、楷書体と行書体が多いです。
喪中はがきは、年賀欠礼の挨拶状です。
日本は古来、手紙は筆で書いていたために、楷書体か行書体がスタンダードです。

楷書体と行書体の違いですが、
楷書体は丁寧でしっかりした印象。
行書体は、流麗な印象。

ということで、どちらでもお好みで構いません。

(左)行書体 (右)楷書体
出典:Wikipedia

ただ、楷書体のほうが読みやすいことは確かです。
喪中はがきの本文(裏面)の文字は、楷書体が多いです。
これは、楷書体のほうが読みやすいという理由からですが、高齢の方が読むには、楷書体のほうが親切でしょう。

宛名面は、それに合わせて楷書体にすると、喪中はがきの書体に統一感が出ますので、おすすめです。