喪中はがき印刷の専門店。喪中はがきを全国送料無料、3日以内に発送いたします。

喪中はがき 続柄早見表

本人(差出人)から見た関係

続柄の表記例

0親等

妻、家内

夫、主人

1親等

父、実父、義父、養父など

母、実母、義母、養母など

子供

長男、次男、三男、長女、次女、三女、息子、娘など

配偶者の父母

父、母、義父、義母、岳父、丈母
※「岳父」妻の実の父 「丈母」妻の実の母

2親等

兄弟、姉妹

兄、姉、弟、妹、長兄、次兄、次男、末弟、長姉、次姉、次妹、末妹

孫、孫息子、孫娘

父母の親(祖父母)

祖父、祖母

兄弟、姉妹の配偶者

兄、姉、弟、妹、義姉、義兄、義妹、義弟

配偶者の兄弟、姉妹

兄、姉、弟、妹、義兄、義姉、義弟、義妹

配偶者の父母の親

祖父、祖母

3親等

父母の兄弟、姉妹

伯父、叔父、伯母、叔母
※父母の兄姉の場合は「伯」、父母の弟妹の場合は「叔」になります。

父母の兄弟、姉妹の配偶者

伯父、叔父、伯母、叔母、義伯父、義叔父、義伯母、義叔母
※父母の兄弟の配偶者が、父母よりも年下であっても「伯」、弟妹の配偶者の場合「叔」となります。

兄弟、姉妹の子供

甥、姪

祖父母の父母

曾祖父、曾祖母

喪に服する続柄は、本人から見た2親等までとするのが一般的とされています。
別世帯であっても喪に服したい意向がある時は、喪中の挨拶状を出す場合もあります。

■続柄とは

続柄とは故人と差出人様の関係を示すものとなります。
一般的に続柄は世帯主から見た間柄となり、夫婦連名ならば夫、家族ならば父親から見たものになります。
故人が妻の父なら「義父」、または「妻の父」等があります。
どちらの表記でも構いません。
また、差出人と故人の苗字が異なる場合はフルネームで記載するのが一般的です。

■続柄の範囲と最近の傾向は?

一般的には、配偶者、父母、祖父母、兄弟姉妹、配偶者の父母・祖父母くらいまでが、喪中はがきの範囲になります。
配偶者は、ご自分と同じ親等になりますので、配偶者(夫や妻)の両親は、自分の両親と同じ1親等になります。

お子様が小さい場合、両親は喪中はがきを出し、子供は年賀状を出しても失礼にあたりません。
最近の傾向としては、仕事とプライベートを分け、欠礼の挨拶が必要な方には「喪中はがき」を、逝去を知らせる必要のない取引先には「年賀状」を出す人も増えています。

■喪中ハガキに引っ越しや結婚などの近況を入れるのは?

喪中はがきは「身内に不幸があり喪に服すため、新年のご挨拶を控えさせていただきます」
といった趣旨のハガキなので、それ以外のことは書かないのが一般的となります。
特に結婚などの慶事的なものは書かないのが基本です。

引越しを伝える場合は、住所の上に「新住所」など入れる程度のお知らせがおすすめです。
結婚報告などは1月7日以降の寒中見舞いや、別途結婚報告ハガキでお知らせしましょう。

■会社の名前で喪中ハガキを出すことはありますか?

一般的に会社、法人が喪に服すということはございません。
会社として年賀状を用意し、個人として喪中ハガキでの欠礼の挨拶をするのが一般的となります。
ただし、個人事業主や、ご家族で経営されている従業員がほぼ親戚である等の場合、会社として喪中ハガキを出す場合もございます。

■2名、または3名等、複数名ご不幸があった場合

故人様の情報を複数名で記載しても差し支えありません。
その場合、例えば

父 一郎が4月1日に
祖母 花子が6月1日に逝去いたしました

と、書くと良いでしょう。
没月日や、没年齢は、ご自分のお考えで入れても入れなくても差し支えありません。

■同居している親と自分の家族、全部合わせて出したい

世帯ごとで出すのが一般的ですので、
同居されていても独立している、自分の家族を持っている場合はそれぞれ個別に出すのがよいでしょう。

 

喪中はがきの絵柄一覧はこちらから》

喪中はがき印刷

商品一覧

寒中見舞い

オプション

喪中はがきの基礎知識

お客様の声

会社情報

ページトップへ